分水嶺トレイル1日目
山の中の林道を歩いていると時折「獣臭い」と思うことがあります。
その直前にけものがいたのですね。よく覚えているのはイノシシ。一度しか見たことはありませんが、獣くさかった。
そして、その臭いが自分から立ち上ってくる。
分水嶺トレイル1日目、出発から4時間ほど経った頃でしょうか。
分水嶺トレイルは奥多摩から清里の獅子岩まで「縦走」するレースです。長いのと短いのがあり、僕がエントリーしたのは短い方。と言っても80km、獲得標高8000m程度はあるらしい。制限時間は3日目の16:00。
僕のGarminで録った高低差によると下記。


大会の少し前から異常なほど暑くなっていました。天気予報でも大会三日間は暑い。
スタート当日は朝一番の高速バス。モノレールと青梅線を乗り継いで奥多摩駅へ。鴨沢へのバスを待つ間が暑い。バスを待つ人はとても沢山いる。持っている荷物が少ないから大会参加者ではないと思っていた人が、大弛でカレーと言っているので大会参加者と知る。
鴨沢のバス停を降りると、人が散っていった。僕はスタート場所が分からない。
ここなの?と思い近くにいる人に「分水嶺トレイルは・・」と聞いたが、何?それは?との答え。
少し風采の違う人がいたので聞いてみたら、その人が案内の人。上にある学校跡地がスタートだと教えてもらう。
登っていくとそこには沢山の人がいました。
少ない日陰はほぼ参加者で埋まっている。受付をしゼッケンをもらい荷物のチェック。炎天下での作業です。
そして、この変態的なレース。参加する人も限られているのでしょう、周りでは旧交を温めている人たちがいます。
知り合いはもちろんいませんが、去年の大山のアドベンチャーレースで同宿だったガーニーグーの池田さんがいた。申し出たら、どっかで顔をみたことがあると思ったと言っていました。
この池田さんとは最終日、ゴールでも大体一緒になります。

電車の中で一緒だった、この大会の参加者とは思えなかった、荷物の少ない人もいる。というか、多くの人が結構荷物少ない。俺が多すぎる?
35Lのザック、必要備品となっている以外に持っているものはあまりないはずなのだけど。
帰ってから計ってみると、食料・水なしで8kg。水は最大で3.9l、食料とiPhoneなどを入れていたポーチを合わせると13kgオーバー。重いな。


スタートは14日11時。
記念撮影をした後ポーチにつける予定だったストラップがないため、スタート地点をうろうろ。
そんなことで最後尾からのスタートとなりました。
これから(リタイアなければ)清里獅子岩までと。一度も歩いたこともないコースを行きます。
続きを読む >>
| | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
新しい道具(山)
またか、分水嶺トレイル(以下分水嶺)がらみ。
もう明後日です。

済みません。今年最大のイベントなので。
で、分水嶺はレースと言うよりも、大縦走大会。山梨で高校生が行う強歩大会に似ているのだと思います。
ただ、歩くのは山の中で、全ての装備は自分で持つことが違う。

自己責任。
山に行く時と同じですね。

なので、決められている必要装備も結構あります。
その中には、いつかは買わなくては、と思っていた物も多い。
いわく、ツェルト、エマージェンシートなど。

そんなことで新しい道具が増えました。
装備品チェックも兼ねて記事に。
続きを読む >>
| | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
甲斐駒ケ岳・黒戸尾根〜八丁尾根
ここのところ、山ばかりだな。
それもこれも、分水嶺トレイルのため。
今回は一度行ってみようと思っていた、甲斐駒ケ岳黒戸尾根。
うちから見える格好いい山です。

家から近い登山口は尾白川の駐車場、そこからの黒戸尾根は長さ、標高差が厳しい登山口として有名らしいです。
そこをピストンすることが多いようですが、同じ道を帰りたくない僕としては周回コースがないか以前から調べていました。
そして、八丁尾根のコースを発見。
破線のバリエーションルートと無線のコースを歩くようですが、踏み跡は結構はっきりしていると。
いつか、入笠山から甲斐駒ケ岳まで縦走したいと思っていることもあり、そちらのルートを行ってみることは決めていました。

そして分水嶺トレイルは最初雲取山までぐっと上がり、そこからの縦走。
大体似ているな、とのことで本番2週間前ぐらいに行くこととしました。

下記、ガーミンのログなのですが、なぜか大岩山の途中から日向山の下りる途中までログが途切れています。
大岩山の崖の登りのときにストップを押してしまったのか。そう言えばその後挙動が変だったな、しかしなぜ下りの途中でまた始まったのかな?

続きを読む >>
| | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
西岳〜編笠(ただし夜間)
来月に参加予定の分水嶺トレイルに向けての練習。

調べてみると、そのトレイルの開催日は新月どまんなか。
月明かりがない。

朝暗いうちから歩き出すことはあるけど、ずっと暗い中を歩いたことはない。
そして、この分水嶺トレイルは暗い中でもずっと(多分)歩き続けないと制限時間内にゴールできない。
なので、新月に近いこの週末、歩き慣れている山、西岳〜編笠へ行ってくることにしました。

下はその歩いたトラック。時計の電池の節約のためにGPSを1分間隔にしたせいか、随分めちゃくちゃだな。

続きを読む >>
| | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
立沢大運動会&焼肉会
これも毎年恒例です。
富士見クロスカントリー大会の翌週の日曜日にある。住んでいる地区の運動会。
「大」が付くだけあって、集落1000人余りのうち400人ぐらいが参加します。すごい出席率。

むしろ気持ち悪い。
2016年の記事はこちら。


去年、今年はこの運動会を主催する公民館の係ではないため、大会の運営に関する作業はないので楽です。
とは言え、長いこと公民館の係をやっていたので、リレーの時などは少し手伝いをします。

今年は直前まで雨予報でこちらに来てから初の体育館開催になってしまうのか。そうするとロードレースもないし。と思っていましたが、なんとか曇り空で持ちこたえた。

競技は体力だけではないものもたくさんあります。



写真は協力一升という、一升瓶に茶碗ですくった水を運び入れる競技。
続きを読む >>
| 富士見 | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/99PAGES | >>