<< マスク | main |
マスク@東京
6/25.6で久しぶりの東京。
と言っても、多摩地域の国立・立川・国分寺。

東京ではその前日から陽性患者数が50人と増えていましたが、そのほとんどは区内。
僕の知る限りでは上記の地域では増えていない。

それぞれ累積の陽性患者数は8人・19人・15人です(20/6/30現在)。

人口比だと全て0.01%。
検査から漏れている人もいるでしょうが、累積でこの人数。
この時点で陽性患者と接触した人が街中に沢山いる可能性もとても低いと思います。



そして、マスク。

富士見にいる際は必要ないと判断して着用していないことは前にも書きました。
さて、東京では?

少なくとも、多摩地域の場合は必要ないと考え、して行きませんでした。
暑い東京では害の方が多いと考えたこともあります。

街中を歩くと、同じような考えなのかマスクをしていない人もちらほら見かけました。
ほんの、3、4人ですが。
25日はともかく、26日は暑い日でしたが、その中でマスク。
気の毒です。

マスクの効果について、神戸大学の岩田さんが書いてます。
僕の必要と思わない、ことも論拠もこの辺りにあります。

https://blogos.com/article/467138/
| 日々 | 17:59 | comments(0) | - |
コメント
コメントする