<< 阿弥陀 御小屋尾根から中央稜 | main | 分水嶺トレイル2019(1日目) >>
美ヶ原トレイルラン2019
初めて参加するトレイルランの大会です。
トレイルは、毎年参加している富士見クロスカントリー大会が、まあそうなのですが、距離が10kmと短いしあまり参考にはならないでしょう。

この美ヶ原の大会を何で知ったか覚えていないのですが、開催が6月の末。富士見が6月の初めだしそのまま継続してトレーニングして出れば良いと思いエントリーしました。初めての距離45km。
しかし、全くトレーニングできず、結果は、必然の惨敗。

45kmのコースはこんな感じです。




高低差だと下記になります。


当日の天気は午後から雨。
8:00スタートなので、4時間程度でゴールできれば雨に降られないかも。
そんな時間で帰ってこられないことはわかっていましたが、なんとなく6時間は切りたいなと思っていました。
なんの根拠もないのですが。

会場になるブランシュたかやままでは家から大体40分ぐらい。
勝手がわからないので、家を早めに出発。時間的には余裕をもって到着しましたが、水を忘れた。
受付をし、レースナンバーを付け、車でエントリーリストを眺める。僕の出る45kmは400人程度。80kmのエントリーが一番多い。これがメインのレースなのですね。
で、参加者を見ているとゼッケンはパンツとか下につけている人が多い。
そうか、雨が降りレインウェアと着てもゼッケンが見えるようにか。
下の方に付け直しました。

スタート20分前頃スタート地点へ。
400名、やはりランニングの大会よりは随分少ない。とくに整列もなくスタート。
雨予報だけど、この時は空が明るくなり、太陽も見えていた。




さんざん書いてあったし、スタート前にも初心者は最初の上りは歩けと言われた。通りにスタートからの上りはずっと歩く。
振り返るとこんな感じです。


登りきったところからは車山方向が良く見える。写真を撮っている人もいたけど、そんな余裕はない。
ここから、下り。
下りは得意なので急ぐが、一本道なので渋滞している。


林道に出たところで抜くことができる。エコーバレースキー場を抜けると舗装路。姫木平の別荘地。ここも快調に走れる。大体下りで30人ぐらいは抜かしたはず。
下りきって10kmのエイド。少し水を補給する。
ここからは上り下りが続く。相変わらず上りは走ることができない。周りの人たちには上りで抜かされて、下りで追いつく。の繰り返し。大体それで20kmまで。
そして、長門牧場への上り坂でちぎれる。

長門牧場のエイドは充実。ヨーグルト、バナナなどを貰い。水を補給。
ストレッチをして、走り出そうとしたら、攣った。
そこからしばらくはほんの少しの上り基調だけど、走れず、ずっと歩く。大体28kmぐらいまで。
この辺りで、「走ると攣る」と話したら塩をくれた人がいた。美味しかった。
そして前橋トレラン部のエイドが。毎年出ているそうです。
フルーツをもらい少し復活。

そこからは少し走ることができ、前のグループの最後尾について走る。
後で見るとここは下り基調なのですね。
そして、急坂が。
もうね、坂が急だと一気にペースが落ちる、後ろから来た人を譲るために止まることしばし。
ここで80kmと90kmの選手に抜かれた。なんであんなペースで行けるのだろう?
上りきって下りると大門峠のエイド。
ここでサンドイッチをつまみ、スタート。
勾配はほとんどないけど、もう走ることができない。ずっと歩き。
エコーバレーを過ぎたあたりで、話しかけられる。
その人は去年に続いて2年目の参加、去年は8時間ぐらい掛かったけど、ことしは随分早いと。
去年は暑かったようで、そのためでしょう。もうゴールまでは7kmぐらいだけど雨はほとんど降らず、あまり暑くもない。
そして最後の急坂。その人にも置いてかれた。

最後の下りは速く走ろうとすると足が攣るので、いつものように走れない。
ゆっくり走って下ってゴール。
もうね、疲れました。


初めてのトレイル。エイドの充実には驚いた。必携品に食べ物とあったので、あんぱんとかようかんとか持っていたけど、エイドにはたくさんの食べ物と飲み物が。これは持っていかなくても良さそう。

途中の温泉に入ってから帰宅。
もうなにも出来ず、少し変な動きをすると足が攣る。
その晩寝ている時も寝返りを打つと足が攣るので、何度も起きた。
筋力(トレーニング)不足でしょうか。

それも含めとても厳しかったけど、トレイルを走る(歩く)のはやはり楽しい。
頑張って来年も出ようと思っています。
| スポーツ(ランニング) | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.planplan.jp/trackback/535
トラックバック