<< 御小屋山美濃戸周回 | main | 阿弥陀 御小屋尾根から中央稜 >>
クロスカントリー大会2019
今年も例年通り、クロスカントリー大会。
去年と同じく、出走は5人。1人初参加がいます。
今年の立川ハーフと全く同じメンバーです。
当日の天気が少し怪しかったのですが、今までこの大会の日に雨に降られたことはない。

カラッとは晴れず南アルプスは見えない曇天でした。

当日は例によって小淵沢駅まで迎えに行き。会場入り。

少しアップしながら、近所の人たちと少し話す。
いつも走っているんですか?いや、大会前だけ。
現場まで行くのに走ったり、買い物に行くのに走ったりしました。
もう一度50分を切りたいと思っていたのですが・・・・・
スタートに集まった際、去年までの折り返しの途中が土石流で流され、200m手前での折り返しになるとのアナウンスが。
その代わりグランド周回を1周増やすとのこと。
なので最初の1kmはまだグランドでした。4分10秒。こんなものでしょう。

グランドからスキー場のコースへ。アップダウン後いつもの九十九折。
ここで、たくさんの人に抜かされる。
きつい上り坂になると、圧倒的に遅いらしい。抜かされすぎて心が折れ、九十九折、8番の曲がり角から歩いてしまった。一昨年は11番まで、去年は9番だったらしい。

そして、またもや仙川の家の建主さんに抜かされる。去年と同じだ。
しかし、去年より九十九折が終わったあと近くに見える。
体調を崩し、ここのところ練習ができていなかったようです。そして勾配が緩くなると僕の方が早く抜き返す。

折り返し地点で土石流の跡が見えましたが、これは復旧できなのではという大きな石が転がっていました。
得意の下り。ここでは多くの人を抜き返した。
しかしタイムは51分9秒。去年より34秒遅い。50分切りにはほど遠かったですね。

ゴール後仙川の家の建主さんの表彰を見て鹿の湯で風呂に入り、全員で打ち上げ。とても楽しく飲めましたが、写真を撮り忘れた。

大会自体はスタートに立った時、人が少ない感じがした。
調べてみると2014年には全体で869名の参加者が去年2018年は468名に。今年はそれよりさらに少ない。
2015年から安曇野マラソンが同じ日に始まり、その所為ではあるとは思うのですが、それから年々少なくなっている。
何が原因なのだろう。こういう特殊なコースは他にないから良いと思うのだけど。

ゴール後の無料豚汁も無くなっていた。
少し寂しいですが、僕は家から一番近い大会。これからも参加しますよ。

結果PDF
| スポーツ(ランニング) | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.planplan.jp/trackback/533
トラックバック