<< 東京2days | main | 西岳、編笠山周回+権現岳ピストン >>
立川シティニューハーフマラソン2019
立川シティとくるとニューハーフマラソンとなってしまうのはニューヨークシティマラソンからの連想です。
立川シティなんて呼ぶことないし、シティだからニューがきてハーフマラソン・・・・・・・

ってなんの言い訳だ。

毎年恒例です。
2010年が最初。翌年は震災のための中止。ですのでこの大会で走るのは9回目になります。
例年とおり「永遠のライバル」である仙川の家の建主さん(青梅マラソンでも一緒。以下永遠のライバル)も参加ですが、青柳中庭の建主さんは今年イギリスのために不参加でした。
なので、一緒に出場する知り合いは5人。

当日は朝一番の高速バス。そのバスだとなんとか間に合う算段がついたのです。
算段というのは家を出るときから走る格好でいること。
雨が後ろにずれて、暑くなる予想だったので、ゼッケンは半袖に。スポーツタイツも履き、シューズだけはザックの中に。
国立に仕事の荷物を置き、自転車で会場へ向かう。

東京、暑い。
勝手知ったる、昭和記念公園。

スタート地点の近くに自転車を停め、ペンギンの営巣地のみんなの広場へ。
今年初めて出た青梅マラソンは広い場所がなく(って当たり前だ)公園とか民家とか色々な場所に出場者は散らばっていました。
一堂に会するのは立川ならでは、なのかもしれません。
他の大会、あまり出ていないので分からないのですが。

みんなと会い、スタート地点に向かう。
他のみんなとは違うブロック。俺だけD。
永遠のライバルは陸連登録でもあり、C。他の人は俺の後ろ。

今年は青梅マラソンに出たこともあり、今までで一番距離を走っている。
大会も含めて今年に入ってから130km。
あ、そうか。青梅マラソンとその前に走った茅野市役所までを除けばほぼ例年とおりなのだな。

スタートブロックが去年から整理され、スタート後ほぼストレスはない。自分のペースで走ることができる。
最初1km 4’30"。
その後もほぼそのぐらいのペースで走ることができる。無理はしていないよな、と自分の体に聴きながら。
6kmぐらいのところで学生ナンバーの競歩の選手を見つける。
競歩だったら、イーブンペースでいくだろうし、その選手についていこうと思ったら、靴紐が解けた。

この大会の直前、この時に買ったシューズを新調しました。
青梅マラソンで足裏が痛くなった、こととシューズは関係はないのだけど、シューズ裏を見ると随分すり減っていた。
走った感じバネも無くなっているので、そろそろ新調かと思ったタイミングで少し安く売っていたので購入した。今まで履いていたターサージャパン。いくら、練習しないと言っても、6年も履いていたのか。
新調したのは同じアシックスで。ターサージール6!


しかし、このシューズで走ったのは大会前は一度だけ。そしてその時も靴紐が解けた。
念入りに結んだつもりだったのだけど。
8km手前で靴紐を結び直し、競歩の選手を追う。少しして、競歩の選手が見えてきた。
しかし、その選手10kmの辺りでコースから外れた。
調子が悪かったのか、当初から10kmの予定だったのか。

目標がなくなった。
まだ、「永遠のライバル」は全く姿が見えない。Garminの1kmごとのラップタイムはあまり見ていなかったけど、大体4’30"程度をキープできているよう。
2回目の折り返しでライバル発見。100mぐらい離されていた。
もう、無理かな。この段階では思っていました。
暫くして道路から公園内に入る。ここから細かいアップダウンが始まります。
いつもより登りのところで落ち込みが少ない感じがする。
2周目、周回から外れる辺りで19km。なんとなく例年より元気。周りを走っている人たちと競える。

そこで、前方にライバルを発見。
まだ随分先だったけど。モチベーションが上がった。
そこから少しずつ差を詰めていく。多分21km手前ぐらいで追いつく。声を掛ける余裕もなく、隣に走りながら手を振る。そのままゴールまで。
新調したシューズの所為もあったのかもしれない。
最後まで脚も持った。
そして2015年の大会の自己記録を10秒ほど更新。
ついでに、ライバルには2017年の大会のリベンジ。
結果
グロス:1°36'06"
ネット:1°35'48"
5kmごとのラップは手持ちのgarminで
22'34"/22'35"/22'37"/22'35"/5'27"
すごい。ラップの上下動がほぼない。
公式のラップも
22'39"(22'57"だけどスタート地点まで18"掛かっている)/22'47"/22'42"/22'47"/4'53"
10秒差以内だ。


実は青梅マラソンではライバルに15分の差を付けられていました。
もうライバル扱いもされないかもしれない。と思っていましたが、なんとか体裁は保ちました。
来年は青梅で肉薄できるよう頑張ります。
| スポーツ(ランニング) | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.planplan.jp/trackback/530
トラックバック