<< 2019年 | main |
カスイチ190101
「カスイチ」という言葉を初めて知ったのは、茨城県知事が「カスイチと呼ばないで」というwebの記事でした。

霞ヶ浦一周を自転車で回ることが、カスイチと呼ばれているようなのです。
調べてみると、管理道路が一周あり、それも綺麗な舗装がされているとのこと。高低差もほとんどない。
霞ヶ浦大橋でショートカットすると90km、しないと120km。

年末年始の帰省の際にすぐ近くに行く。
霞ヶ浦の周回道路は何度がランニングをしたことがもある。

なので、今回はカスイチをするべく、富士見においてあるバイクを持って行きました。
12/31に帰省して2泊するから、中日の1/1に。下記はそのコース。帰省先近くの公園がスタートとゴール。
時間の関係もあり、ショートカットを選びました。

1/1の朝はお酒をほどほどにして、息子と近くで凧揚げ。
その後、出発。
特に理由もなかったのですが、逆回りで。
霞ヶ浦の湖畔まで5km程度なので、ショートカットだと100km。
こんな長い距離を信号もなしに走ったことはないけど、平均時速25km以上では行けると思い、4時間以内には帰ってくるわ。
と気軽に行って出かけました。

本当に綺麗な舗装路。風も追い風、気持ちよく走れました。

ほとんど海。

25kmを過ぎた北利根川の橋を渡り、コースと北西に向けたところから向かい風。
筑波おろし、というのがあるのか、向かう先には筑波山。
結構な風でピンクのリボンはたなびいているし、湖面も波立っている。
頑張って漕いでも25km/h程度しか出ない。手と足が凍える。

そして、ショートカットの霞ヶ浦大橋のたもとは大体45km地点。

水のボトルを忘れたのでコンビニで買ったポカリを入れています。

そこで初めての休憩を取る。補給食を食べ、橋を渡る。渡った直後は少し追い風だったけど、また、向かい風に変わる。
その辺りで速度がガクッと落ちました。

もう20km/h程度しか出ない。
スタートから50km、2時間。
連続して動けるのはこれが限界なのか・・・・・

向こうに筑波山と土浦が見えます。

その土浦まで向かい風。それを越えれば追い風に変わると思いきや、それほど風が吹いていない。
時間なのか場所なのか。
結局、休憩も含め5時間掛かってしまった。
今年は青梅マラソンにエントリーしているし、精進しなくては。
| スポーツ(その他) | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.planplan.jp/trackback/526
トラックバック