<< 西岳〜編笠(ただし夜間) | main | 新しい道具(山) >>
甲斐駒ケ岳・黒戸尾根〜八丁尾根
ここのところ、山ばかりだな。
それもこれも、分水嶺トレイルのため。
今回は一度行ってみようと思っていた、甲斐駒ケ岳黒戸尾根。
うちから見える格好いい山です。

家から近い登山口は尾白川の駐車場、そこからの黒戸尾根は長さ、標高差が厳しい登山口として有名らしいです。
そこをピストンすることが多いようですが、同じ道を帰りたくない僕としては周回コースがないか以前から調べていました。
そして、八丁尾根のコースを発見。
破線のバリエーションルートと無線のコースを歩くようですが、踏み跡は結構はっきりしていると。
いつか、入笠山から甲斐駒ケ岳まで縦走したいと思っていることもあり、そちらのルートを行ってみることは決めていました。

そして分水嶺トレイルは最初雲取山までぐっと上がり、そこからの縦走。
大体似ているな、とのことで本番2週間前ぐらいに行くこととしました。

下記、ガーミンのログなのですが、なぜか大岩山の途中から日向山の下りる途中までログが途切れています。
大岩山の崖の登りのときにストップを押してしまったのか。そう言えばその後挙動が変だったな、しかしなぜ下りの途中でまた始まったのかな?

いつもの山行きは最小限の荷物で行くのですが、破線・無線区間があること。重さに慣れるため分水嶺トレイルで必須となっているロープやらカラビナやらを全て持ちました。水場も七丈小屋の1箇所しかないらしく、水も3.4リットル。ザックはずっしり重い。

朝、4時過ぎに家を出る。そう言えばソロでは家から歩いて出発ばかり(八ヶ岳)なので車で出発は初めてだ。信号に一度も掛からずに尾白川の駐車場。
駐車場には結構多くの車がいた。準備をして4:50頃出発。

尾白川の吊り橋を渡る。


快晴の中、刃渡り。


樹林帯を抜けて少し周りが見えて来た。鳳凰三山の向こうに富士山も見えた。八ヶ岳も綺麗に見えている。快晴。




格好いい山容だ。


やっと山頂が見えて来た。


とうちゃこ。空の青がすごい。
駐車場からここまで5h35m。五合目小屋あとの水場への踏み跡を少し行ってロスと七丈小屋での休憩があったけど、予定タイムより1h遅い。写真の時間を見ると途中までは想定通りのタイム、核心部で時間がかかった。


登頂した時までは雲は出て来ていなかったけど、みるみる雲が上がって来た。
これから行く鋸山方面。カップラーメンを食べ、周りが雲で覆われて来たので出発。


このようなところを行きます。


駒ケ岳直下は岩と砂。時折鎖。
踏み跡は大体分かるけど、雲で周りが見えないため、少し行きつ戻りつがある。そして六合目小屋直前。
踏み跡が不明瞭になり、GPSで見た所小屋は北にあったので、ここか?と薄い踏み跡みたいな場所を行っても小屋はない。しばらく藪漕ぎを2度。元の道に戻り、もう暫く下りたら小屋が見えた。
多分晴れていたら、もっと前に見えていたのだと思う。


その後のルートで同じ間違い。手持ちの地図では小屋はルート上にある。ルートは小屋からまっすぐ西へ。
小屋の西側は岩がゴロゴロしている。そこを降り、踏み跡が見当たらないので戻る。を3度ほど繰り返す。
おかしい。
このまま見つからなかったら、戻って黒戸尾根か。
と思っていましたが、小屋のすぐ脇で再度GPSで現在位置の確認。
ルートの位置は正しいとすれば、北の方向だ。
北へ行くと踏み跡が見つかりました。
その時のトラックは下。小一時間無駄にした。


その後は踏み跡は大体見失わず。稜線が細いから、間違えたとしても無駄に迷うことはない。
ただ、景色が良いはずの三つ頭、烏帽子岳は雲の中でまるきり周りは見えない。


烏帽子岳から大岩山までは無線。でも踏み跡はしっかりあったので迷わず。
大岩山、少し前から雲が切れて行く先の方に見えていました。
そびえ立ってるのが。
山頂直下はこんな崖。ただはしご、鎖、ワイヤなどきちんと整備されていて登るのには問題はない。
腕の力が必要なだけ。




また、この崖の途中で向こうから来る二人連れとすれ違った。このルートで初めての人。
その人たちは六合目小屋まで、行くと言っていたけど、ちゃんと明るいうちに着いただろうか。すれ違ったのは14:30頃。

大岩山からは破線と実線のルート。ほぼ下りなので楽かと思いきや鞍掛山の分岐からの実線のルートが結構厳しい。
少し迷った場所もあった。
そしてようやく日向山。


もう平日の17:00。誰もいません。そして油断したのが、砂をふらふら歩いて、適当な踏み跡を辿った先は藪。メインルートがこんな筈はないと思ったけど、そのまましばらく藪漕ぎ。ここでも無駄な時間と体力を使った。正規ルートのハイキングコースは広くて緩い勾配。薄暗くなって来たからそこからは最後飛ばす。
駐車場についたのは18:30頃でした。

そして、僕たちの(僕の)失敗。
1、補給食
家を出る前にがっちり朝飯を食べていこうと思っていた。
スペインがPK負けをしたニュースを聞いたそのショックからか、そのことをすっかり忘れていた。
そして、それに気がついたのは尾白川の駐車場。
持っていった食料はカップラーメン一個と薄皮あんぱん一袋、玄米ブラン2袋。
朝飯と昼飯、それに行動食を考えるとそれでは足りない。
ってこともよく分からなかった。途中の唯一の小屋、七丈小屋で何か買えば良かった。

2、事前情報
破線、無線のルートなのに、それほど事前の情報を調べなかった。
もっと色々調べておけば六合目小屋がルートから南へ外れていることが分かっていたのかもしれない。そこで1時間ほどの時間と体力を消費した。

3、地図
上記、六合目小屋の位置はyamapのもの。iphoneにインストールしてあるがプリントして持っていたものも同じもの。
yamakeiの地図ではルートから外れているところに小屋の表記があった。
複数の地図で確認した方が良かった。
| | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.planplan.jp/trackback/516
トラックバック