<< 新緑 | main | 立沢大運動会&焼肉会 >>
富士見高原全国八ヶ岳クロスカントリー大会2018
長いな、タイトル。
僕たちの中では富士見クロスカントリー大会で通っています。
長いタイトルといえば2009年のこれもだったな。

富士見に越して来てから、立沢大運動会と重なった年を除き毎年参加しています。
立川のハーフマラソンと同じく、友達と一緒に参加する大会、っていうか参加メンバー一緒だわ。
去年と同じくエントリーは5人。去年は様々な理由でスタートは二人になってしまいましたが、今年は無事に全員参加できました。
そんな去年の記事はこちら
そして、5人というと、うちの軽バンには全員乗ることができない。

青柳中庭の建主さんが前日から車で来ていたので他の3人をピックアップすべく、2台で小淵沢駅まで向かいました。

その小淵沢駅、去年は迎えが必要なかったため行っていませんでしたが、新築されていた。
何気に格好良い駅舎になり、車のアプローチも変わっていた。
レース当日は晴天。暑い。
大会会場は標高も高いし、富士見高原の6月。寒いこともあり長袖か半袖か迷うこともあるのですが、去年に引き続きすごく良い天気。今年の大会、そういえば立川も暑かったよ。

その暑させいか、単に心が折れやすくなったせいか。九十九折りの9番コーナーから歩き出してしまった。
去年、一昨年は11番からだったのだけど。ちなみに14番を曲がって九十九折りは終わります。

そうして、歩いているうちに仙川の家の建主さんに抜かれた。

けど走れず、歩き続ける。

でも、このレースでは知り合いに先着を許したことはない。九十九折りが終わってから少し前が見えるようになりますが、視界の先に見えている。それを目指して走り出しました。
そして、折り返し地点で追いついた。31分50秒。去年より40秒遅い。

下りは少し頑張り、タイムは50分35秒。去年より32秒遅い。
折り返してからは8秒ほど早かったのだな。
何か下りの走り方は少し会得した気がする。とにかくケイデンスだな。(ランニングではピッチ?)今度日曜日の立沢大運動会のロードレースで試してみよう。

レース後は鹿の湯に入り、家へ戻る。レースには参加しないけど打ち上げには参加する専門家もおり、子供を入れて総勢12人。
最大規模です。
料理の段取りの不手際もあり乾杯開始が少し遅くなったけど、生ビール、瓶ビール、ワインなど沢山空いた。
鹿肉ラグーソースのパスタも好評だった。

しかし、レースがらみの写真が全くない。打ち上げの写真だけ。メインはこれだから。
午後になっても雲が出ず、甲斐駒ケ岳もよく見えます。



大会結果。今年は仕事はやいな。もうアップされていた。

結果PDF
| スポーツ(ランニング) | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.planplan.jp/trackback/513
トラックバック