<< 梅雨前 | main | 井草の改修 >>
富士見クロスカントリー大会2017
正式名称は「富士見高原全国八ヶ岳クロスカントリー大会」だった。
なぜ、全国がつくのだろう。

今回、僕の知り合いでエントリーは5人いたのですが、様々な理由で出場は僕ともう一人のみ。
最大人数の予定が今までで最小人数となってしまいました。
僕以外の出場者は青柳中庭の建主さんです。
一家で来られて、打ち上げも一緒に。
今年は去年のテーブルに続き、日除け雨よけのシートもある。木陰の気持ち良さが減じられますが、突然の雨と12時前後の直射光に備えたのです。


大会当日は良い天気。雲もほとんどなく南アルプスも富士山も見える。
今回は小淵沢への迎えや会場での待ち合わせもない。そんなことでゆっくり会場入り。
受付時間ぎりぎりになってしまい、受付にいた近所の人から、「待っていたよ。山下さん」と。
その人にDNSになってしまった方達の名前を伝え、参加賞などはもらう。
そのあと他にコース誘導などで参加している知り合いが二人。
開会式を盛り上げる富士見太鼓がらみで、知り合いが二人。
ローカルな大会です。



そして、レース。
去年初めて50分を切ったので、ちゃんと練習してもっと良いタイムを出したいと思っていました。
ある程度順調に練習していたのですが、ウィルス性の胃腸炎に掛かったり、ふくらはぎに材木を当ててしまって痛めたりしていて直前は練習があまりできず去年より練習量は少ない。
そのせいでしょうか。それとも朝方にやっていたチャンピオンズリーグの決勝を見て寝不足だったためでしょうか。勾配のきつい九十九折のところ以外でも、「歩きたい」と思ってしまった。

歩く理由はいくらでもあります。
脚が限界、心肺が限界、そもそもなんで走るの?など。
歩かない理由は一つしかない。
「歩きたくない」です。

九十九折の最後は歩きましたが、それ以外はなんとか「歩きたくない」が勝りました。
しかし、タイムは50分を切ることができず、50分3秒。折り返しのところで時計を見たところ31分10秒。
下りが遅くなった印象があるのですが、下りは去年とほぼ同じタイムだったのだな。



参加したレースタイムの推移は
53.13→51.43→53.45→51.44 →53.12 →49.20 →50.03

それでも一昨年までと比べれば早いですね。
しかし、もっと早くなれるな、とは感じています。
来年はもっと頑張りたいし、みんなも来られると良いな。
| スポーツ(ランニング) | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.planplan.jp/trackback/406
トラックバック