<< 立川シティハーフマラソン2017 | main | 梅雨前 >>
冬の西岳
もうひと月ほど前になります。
明らかに天気の良く暖かくなるとの予報を朝に見た2/16、近所の雪山に行ってきました。
家の近くの西岳に。
冬の山については装備も知識も経験もないのですが、空を見上げても天気は崩れる様子はない。
標高も2000mを少し超えるぐらい、それほど急なところもないしツボ足だけで行けると踏み、最低限の防寒着と補給食を持って出かけました。
昼飯などの準備をし、出発は9時半。余裕があれば編笠山へも回りたいと思いつつ。



鉢巻道路から少し上にある板橋区の保養所裏からは所謂登山道、そこに予想に反して踏み跡がある。
行くのと戻るのの二つだけ。なのですが。
それでも時折膝ぐらいまである雪なので、その踏み跡である程度楽に歩けました。



そして、標高2000m程度でしょうか。その先人が腰を下ろした跡がある先には踏み跡がない。
ここからは高村光太郎だ。「僕の前に道はない」
いや、あるのだけど雪が深い。

腿ぐらいまでの新雪もしばらく行くと腰付近まで、サラサラの新雪なので、踏んだそばから下へずり下がる。勾配のキツイところはほぼ四つん這いになって、なので一向に速度が上がらない。
途中からせめて頂上まで行き、違うルート(富士見高原方向)で下りたいと方針変更。

雪の中をしばらくもがいていたのですが、タイムアップ。あと標高100mほどで頂上でしたが、そこで引き返す事にしました。しばらく前から本当に進むのに時間と体力を必要としたので、100mとは言え時間がかかる事が分かったから。
同じ道を引き返すのは僕にとっては痛恨なのですが。

yammapの情報だと
獲得標高1180m
距離16.4km
行動時間7時間

帰りはせめて違う道と防火帯から立場川の方へ下りて家へ。
結構体力を使い疲労困憊でしたが、保育園の迎えに間に合いました。タイムアップはそのため。

以前剱岳の山番をしていた知り合いに聞いたところ、勾配がきついとスノーシューでは歩きにくいしそのような場所ではワカンだと。
なので今度ワカンを購入しもう一度行ってこようと思っています。
| | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.planplan.jp/trackback/402
トラックバック