<< 綱うち | main | 2016年のハーフマラソン >>
6年目
5年が過ぎました。
震災の復興について僕は何もできていません。

2014年の夏、両親の願いもあり福島へ一泊で行ってきました。
小名浜漁港で午飯を食べ、海岸沿いを少し北上してから宿泊先のスパリゾートハワイアンズへ。翌日は原発のそばまで。
震災の被害状況を少しでも見ることができましたが、その当時は何も書けないと思い、実際に書く事ができませんでした。何かを簡単に言う事ができなかった。

小名浜付近は津波の被害は写真でしか見る事ができませんでしたが、多くの建物も再建され人もある程度賑わっていいました。
しかし、そこから北上したあたりには除染した物であろう黒いビニール袋が多く積まれ、人影がありません。
海岸沿いは津波にさらわれたであろう、建物の基礎だけが残っている。
荒野に見える所も家が建ち並んでいたのでしょう。
かろうじて残っている家も部分的に崩れ、痛みが激しい。

そして、国道6号線を北上。立ち入り禁止区域の境まで行きました。
空気が重苦しく感じたのは、僕の気のせいでしょうか。
そこで迂回路の地図をもらい、立ち入り禁止地区の北側に行きたいと思いました。少し車を走らせる途中、ほんの数軒ですが人の姿を見かける家もありました。
ここの人達は何を思っているのだろうと思いましたが、車を停める事なく通り過ぎました。
そして、北側へ行くには時間が掛かりすぎることにすぐに気付き断念。
海へ戻り海岸沿いを南下することにしました。
楢葉町、富岡町のあたりです。

富岡の駅、駅前などは地震津波による被害の状態がそのままに残っている。
崩れている建物はあるけれど、人一人いない。
なにか、フィクションの世界にいるようです。

第2原発もそのすぐそばにあります。
そこに至る道には警察官がいました。
「何をしているんですか?」と。
車は東京で借りたレンタカー、ただ、通りすがりですと答えました。
そこからは離れた所で車から降りて、遠目に第2原発を見ました。煙ったような景色でした。
そして、常磐道に乗って「日常の」東京に帰りました。

現在は常磐道も国道6号も開通しているとのこと。あの重々しい封鎖は無くなっているのでしょう。
僕は何もできず、日常を過ごす事で精一杯です。
当たり前だと思っている日常を災害は根こそぎ奪うことが分かりました。地震と言う自然災害をなんとかやり過ごした後、日常のそれを奪い長い事そのままになっているのは制御できない原子力発電の故です。

それはやるせないな。
| 震災関係 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.planplan.jp/trackback/359
トラックバック