<< 2015年のトライアスロン | main | ヤマネ再び >>
2015村上・笹川流れ国際トライアスロン大会
そう、現場作業はトレーニングにならなかった。


前回の記事を書いてからほぼ2週間、プールどころかランニングどころか、体を動かすのは現場作業のみ。
色々な見込み違いもあり、仕事が立て込みました。
特に直前1週間は早朝、夜間はMacで作業、日中は現場で作業と一日26時間ぐらい働いていた。

体調の問題でDNS(スタートできず)も危惧していました。
大会二日前は深夜に帰り、それからトライアスロンの準備。遅ればせながらサイトをチェックし、前日受付の時間などを確認。ウェーブも確定していたので自分の名前を探したが、おっさん達のウェーブにない。
おかしいなと思ったが、なんと第1ウェーブにあった。
第1ウェーブって、若者と各年代で早い人達がいるところです。僕のエントリータイムは2h30mだったのに・・・・


出発直前までばたばたと荷物をまとめ、夕方の前日受付を目指して出発。
運転を代わってもらうと、速攻寝ていました。
受付は相変わらずの場違い感。みんな陽に焼けて引き締まった体をしている。

明けて当日、その日はぐっすり寝ることができた。
少し雨が残っているけど予報ではこの後晴れるし、DNSは止めよう。
会場入り。
忘れ物はトランジットエリアにセットした後に履くためのサンダルぐらい。スタートまで裸足でいれば良いだけ。
指差し確認をしながらトランジットを用意。


スイム(35:16)一昨年より6:15遅い。

トランジットエリアの方向なども確認し、エリートのスイムを見ながらのんびりしていたら、「水色!スタートへ」と言われる。
もう第1ウェーブは水際にいた。水色っていうのはスイムキャップの色。ウェーブ毎に色が違うのです。
駆けつけキャップを被り、ゴーグルを付け準備完了、と思ったらウェットスーツ上半身を脱いだままだ。
慌てて、背中のファスナーを上げる。前回このファスナーが途中で開いて失敗したから入念に。
そして、スタート。
第1ウェーブという事、練習全くしていないことが頭から飛んでた。
スタート直後のいも洗い状態から抜け出すべく、急ぐが全く抜け出せない。もがきながらのダッシュを数分。

息ができなくなりました。

息継ぎで息を吸おうにも2年振りのウェットスーツがきつくて十分に肺が膨らまない。
しばらく頭を上げての平泳ぎで息を整え(邪魔だ)
背浮きをしてファスナーを緩め(邪魔だ)
ようやく、クロールで泳ぎだせる。その間後続の人達の障害物となっていました。
そして泳ぎだせたは良いが、きちんと泳げないためか左方向へ曲がってしまう。変な泳ぎ方をしていることは分かるけど修正ができない。後半の後半でよくやく普通に泳げるようになりました。

そんな訳でタイムはもちろん、体もスイムにしては結構疲れた。
スイムアップしてトランジットエリア。
同じ「島」に自転車は少ない。
そういえばその島、DHバーが無い自転車は自分を含め2台だけでした。


バイク(1:25:08)一昨年よりより3:33遅い。
トランジットはトライスーツのため早かったと思う。
バイクの往きは向かい風。
もうタイムの期待は無いし、完走目的で無理をしない強度。時計も見ずに、帰りの追い風では頑張ろうと思う程度で。
今年も海沿いのおばあちゃん達の歓声は多い。

ラン(51:04)一昨年よりより6:31遅い。
バイクが終わった段階で時計を見たところほぼ2時間。
ランはそれこそ、ジョギングペースとなりました。

そして、トータル2:51:28一昨年よりより16:19遅い。
スイムの失敗が無ければ、バイク/ランとも頑張ればもう少し縮められたとは思うけど、この状態では妥当な記録でしょう。
ゴール後、一昨年はへたり込んだけど今年は元気ではあった。強度を上げなかった所為ですね。
公式記録

完走できたことが収穫。練習以前に体調の管理ができていなかったのにそこそこのタイムだったら、それこそなめてしまったかもしれない。
今後の研鑽(できるのか?)の糧になりました。

次回出るときは、頑張るぞー。

追記、ゴール時の写真を購入しました。
トライアスロンはこんな風に同伴ゴールが認められているんですよね。一昨年岳を抱いてでしたが、今回はしっかり走っていました。
| スポーツ(トライアスロン) | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.planplan.jp/trackback/341
トラックバック