<< 補給食 | main | まっちゃんの流儀、江戸一 >>
入笠山
(いや、ブログって一度書かなくなると、更新滞りますね。)

さて、そんな梅雨明後、今日の富士見は雲一つない晴天です。
その梅雨明け直前、連休の最終日に入笠山へ行ってきました。

なんで梅雨明けもしていないし、休日の混む日に?

実は高校の同窓の方々が大挙して(関係者も含め25人!)入笠山へ来るというので地元民としては挨拶をせねばと思ったのです。
皆さんは特急あずさで富士見駅、そこからパノラマのバス(貸し切り!)でゴンドラ駅ーゴンドラ山頂、で入笠山。
富士見駅10:00のバスだとのことなので僕は途中で合流すべく9:20頃に家を出ました。

自転車で。

うちから入笠山(車等で行けるところ)までは19.6km、獲得標高930m。
距離だけなら近所なんですが、獲得標高が・・・
ま、一度は自転車で行ってみようと思っていたし、その前日はツールがアルプスの山頂フィニッシュだったし(見ていないけど)ここは俺も山頂フィニッシュを決めようかと思ったのです。

コースを細かく見てみると、20号の富士見峠の交差点からは13.8km、915m上がって、104M下る。ここはタイムを測りました。大体1h15min。
この中で一番厳しいところは10kmで平均勾配8.2%。

1級山岳ってことで良いでしょうか。

で、思ったより大変では無かった。あくまで「思ったより」ね。
東京との自転車の行き来での峠越えでは何度かへたるのですが、距離が短いせいか足付きもない。

そう言えば、ヒルクライムのレースは標高差1200m台。乗鞍も美ヶ原も富士も。
そんなレース全く出る気は無かったのですが、もしかしたら・・・

いやいやいや、ほら俺、クライマーじゃないじゃん。
かと言って、ルーラーでもないし、パンチャーじゃない。
ましてやスプリンターのはずがなく、どちらかと言えば「へたれ」でしょうか。


いやいやいや。そんなへたれが出られるようなレースじゃないし。
でも富士見では上りの練習コースには事欠かない、っていうか上りしか無い。


いやいやいや。登りだけのずっと苦しいレースなんて、マゾじゃないし。
でも美ヶ原は近いな・・・

いやいやいや。

と言った感じなんですが、肝心の当日の入笠山。
午頃は太陽も出て里(富士見、諏訪湖、伊那)などは見える。午後になって八ヶ岳方面の雲が少し切れいくつか山も確認出来る。と湿原も含めなんとか皆さんは楽しんで頂けたようです。

今日あたりは360度の眺望だな。


| | 04:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック