<< バイク整備で清里へ | main | 進んでいますよ。 >>
編笠〜権現〜赤岳〜阿弥陀〜舟山十字路
この夏の宿題の一つ。山行き。
色々な用事が大体終わって(仕事の宿題は終わってないのですが・・)明らかに天気がよくなりそうだった8/28に行きました。

去年の山は西岳から編笠山でしたが、今年はそれより一回り大きく、赤岳まで行くことにしました。回り方は去年と違い反時計回り。
去年と同じく徒歩で家から出て家へ帰る。

予定行動時間は11h30m。コースタイムの大体70%程度の設定ですが、そうでないと明るいうちに家に帰れない。
未だ暗い朝4:30に家を出て歩き始めました。朝飯はパンをひとかけら蜂蜜で。
集落の外れ、八ヶ岳がシルエットで見えます。いい天気。

空が薄明るくなってきましたが、森の中はまだヘッドランプが必要。
1時間歩いて編笠への登山道の途中に合流します。
編笠山頂迄は大体2時間弱。途中、初めてだというカップルを標高2000m付近で追い越しましたが、その時点ではまだ7時前。一体何時に出たのだろう。
なかなか体力も厳しそうでしたが、眺望も効かない、寒く(僕は手がかじかんで補給食と食べるのに難儀した)先も見えない、状態は精神的にも厳しそう。
もう少しですよ!と励ましました。頂上近くは歩くというかよじ上る感じ、少し厳しいけど眺望が開けるから元気出るはずだし。

そして、そんな厳しさを超えると編笠頂上(7:30)からの眺望が開けます。今日は南アルプスも富士山もよく見える。もちろんこれから歩く八ヶ岳はすぐ近くに。しかし、汗をかいた体には寒く僕はジャケットを羽織りました。





青年小屋までは来たことがある道。ここで飲み物を購入(飲み物を予備を忘れた。)権現への上りに備えジャケットを仕舞う。勾配はきついけど、天気は良いし、眺望も良いから楽しい。
途中権現小屋と権現岳。山頂は右側らしいが富士見から見えるシルエットは左側のピークですね。

権現小屋

途中、権現から赤岳への道もはっきり見えている。

赤岳への道

で、権現岳山頂。(9:00)山頂は狭いので少し降りたところで補給食のカロリーメイト。
急な予定だったので補給食を用意するのを忘れてしまったんですよね。(悲しい)
赤岳への尾根を歩くと東側から暖かい風が吹いてくる。案の定、雲が出てきた。
山梨側からだと雲で八ヶ岳が全く見えないことが多いのですが、風向きの関係か盆地の空気が八ヶ岳に向かって吹き上げるのでしょう。それが冷やされて雲になる。
写真は多分キレット最下部からの赤岳見上げ。雲が出てきています。

赤岳見上げ

赤岳頂上付近はやはり人が多い。多少渋滞していましたが赤岳山頂(11:30)
山頂標識
補給食が心もとなかったので赤岳頂上山荘でカレー(大辛)を食べる。カレー(大辛)は頂上山荘に限るようだ。美味しかった。しかし、東側はまったく眺望の効かない雲になってしまいました。


これから向かう阿弥陀への道。赤岳出発(12:10)
阿弥陀への道

阿弥陀から見た赤岳は背後に雲がたくさん。(13:00)


そこからは下りのみでしたが、この下りの最初が厳しかった。今回のコースの中では一番きつかった。
途中からは樹林帯で楽になりましたが。
当初は舟山十字路から立場川を渡り、立場川沿いを家に帰る予定だったのですが、脚も結構疲れたし温泉(もみの湯)に立ち寄ることに変更。しかし、舟山十字路からはアスファルトの道。山で疲れた脚に優しくありません。
結局温泉へと温泉からを入れるとアスファルトの道を12km歩いた。
温泉に入るよりまっすぐ帰った方が良かったのかもしれない。

行動時間は温泉迄で11h30m。ほぼ予定通りでした。
ログはガーミンのバッテリーが阿弥陀の下りで力つき後は手描きです。

| | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック