鹿肉
うちの裏の森にくくり罠を仕掛けているのですが、きつね以外、全く掛からない。
足跡もなく、鹿も減っているのだな、と実感しています。

ただ、川を超えた南側では結構鹿がいるとのこと。家からは遠いのでそっちには掛けていないのですが、そこに掛けている人から2/2の朝に電話がありました。
「おまえ、鹿食うか?」
「食べる」
「じゃ、持ってく。」
この週、富士見でジビエの加工処理をしているところが休みだとのこと。その人は自分では捌かず、止め刺しをしてその施設に持って行っています。
そんなことで僕に鹿が回って来ました。

初めて、自分一人での解体。
webなどを見ながらなんとか解体しました。「続きを見る」では解体途中の鹿の写真も出て来ます。
苦手な方は開かないでください。

写真は解体した肉を料理したもの。
最初は背ロースを焼く。これは文句なく美味しい。バターを入れるとより美味しいので椎茸と一緒にソテー。


この後はしばらく冷蔵庫で熟成をさせた後です。
精肉をした際に出る筋膜とかをフードプロセッサーでミンチに。
ラグーソースを作りました。これも美味しい。




スネ肉を酢などにつけ、煮たもの。これも美味しい。


どれもいわゆる臭みはなく、普通に美味しい肉です。

再度「続きを見る」では解体途中の鹿の写真も出て来ます。
苦手な方は開かないでください。
続きを読む >>
| 食(狩猟) | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
きつね
干し柿と大根の恨みもあり、今年はなんとか鹿を獲る。と意気込んでいたのですが、くくりわなの12cm緩和は12/15から。その前後は時間がなく、仕掛けて(もし)掛かっても捌くことはできないので何もできていなかったのですが、わなのメンテナンスがやっと12/20に。



続きを読む >>
| 食(狩猟) | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |