分水嶺トレイル2019(3日目)
起床は23:00。
細かい雨は降っているが、本降りにはならなかった。
参加者の1人なのだろう、ツェルトを張らずにベンチに横になっている人もいる。
何人かは食事の用意、お湯を沸かしている。
こんな時間に何かしているのは分水嶺の参加者です。

そして、国師ヶ岳の前から前後を歩いていた今年初めての参加者(ソロ)の人と一緒にスタートすることにしていました。その彼が地図読み区間へ至るまでの情報をあまり持っていなかったし、俺も瑞牆山までの登りが不安だったから。
出発は24:00。
今年、主催者からの情報はあえて、制限していたようで地図読み区間は去年の情報ほど細かいことは載っていない。与えられた情報だけでは、とても難しかったと思う。与えられた情報を基にに自分で細かく調べる、ないし試走をすることが必要だったでしょう。

僕はといえば、初日に地図を失くしていたけど、ここまでは普通の登山道。昨年の記憶もあるし問題はなかったがこの後地図読み区間がある。信州峠まで行けばもう地図は不要になると考え、去年迷ったあたりの地図をスクリーンショットで撮っておいた。


そして、復習。
去年地図読み区間で間違えたところの画像を見る。

今年、この間違えたあたりでは木が伐採されていて、風景が随分と変わっているよう。

そして、水問題。去年は富士見平で水を満水にしたけど、今年は暑くないし、地図読み区間に入る前の沢で水を汲めるとのこと。
瑞牆山の上りは結構きついし、富士見平の水場が遠くなっている(?)ので満水にはせず。
予定通り24:00頃2人で出発。去年、藪漕ぎをしてしまった瑞牆山へ。
相変わらず、細かい雨は降っている。
続きを読む >>
| スポーツ(その他) | 03:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
分水嶺トレイル2019(2日目)
雁坂小屋からは九十九折で標高を少し上げる。
相変わらず、雨は降り、ヘッデンの明りが届く距離は短い。

そして、道をロスト。
踏み跡がなくなった。

上の方にヘッデンが見えるが、その人もロストした人だった。暫くうろうろしていたら右下の方にヘッデンが見える。
そっち方向に藪漕ぎをし、道を発見。去年はこんなことはなかった。やはりこれは雨の所為。
こんな雨のこんな時間に歩いているのは分水嶺の人しかいないだろう。
ただ、そういう人がそこそこいるので助かった。


この先破風山の登りが結構急だった記憶があるが、なかなかそこまでいかない。
雁坂嶺からの下りだったかな。腰にぶら下げているライトがいいね、と言われた。去年こういうのをしている人がいたと話したけど、直前に注文したから何も覚えておらず、具体的な話はできない。

で、破風山の登り。
急だけど距離は大したことはない。東破風山に2:00ちょうど。
補給食を摂るついでに写真を撮った。


西破風山を過ぎてその下り、今年は雨で石が滑って難儀する。去年夜明けを迎えた避難小屋前のベンチで補給食。
まだ真っ暗。
甲武信ヶ岳小屋に4:00ぐらいに到着。

この小屋も開いていた。
でももうカップラーメンはいやだ。
バナナとお湯をもらう。


そして、ストーブのそばから動けない。僕のほかにも動けない人がいたから分水嶺の参加者かと思っていたけど、テント場で寝ていた人らしい。多分雨に濡れてしまったのですね。
結局小屋に1時間ほど。外も明るくなってきた。

全体に写真が少ないのは、iphoneで写真を撮ろうとしても、雨に濡れている指にうまく反応せず、操作に難儀したから。
続きを読む >>
| スポーツ(その他) | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
分水嶺トレイル2019(1日目)
分水嶺、2度目があると思っていなかった。
なので、今回2019としました。

さて、これから3日間に分けて書きますが、その前に総括。

もう、出ません!

こういうのは若い者に任す。
ーーーーーーーーーーーーーー
みなさんご存知の通り、2019年の梅雨は長引いています。
日程も去年より少し早い。大会の3日間もほぼ雨予報。雨で濡れるかもしれないが、去年の暑さではないだろう。
ことは事前に予測がつきました。
当日、朝一番の高速バスに乗り東京へ。
朝一の高速バスの停留所での今回のザック。この時は綺麗だったな(遠い眼)



スタート地点までは奥多摩駅からバス。今年は運転手のそばで立っての移動。なのでローディー達の姿を見ることができる。奥多摩湖までなのか、檜原村へ抜けるのか、松姫峠で大月か、柳沢峠で塩山までか。
俺もそっちの方良いような気がする。
スタート地点では薄曇り、直射光もなく装備チェックの際も暑いことはない。
いくつかダメ出しをもらい、次回はきちんとした物にとのお言葉。

いや、次回はない。

全体の行程は下記参照、グーグルマップを3Dにしただけど、これが一番分かりやすい全景だと思う。
右側の奥多摩奥の丹波山村を出発して、清里(野辺山)までの縦走です。



記念撮影をし、スタート。
今回は集団中程。なので歩くのにストレスはない。結構みんな早く、休みもなしに歩く。
スタートした時は薄曇りだったけど、登山道は霧の中へ。


標高を上げていくと少し肌寒くなってきた。
雨はまだ降っていないけどザックを降し、合羽を着る。

「てきめん」に備えて。
覿面(てきめん)
〜ある事の効果・報いが(目の前で)すぐにはっきり現れるさま。〜
続きを読む >>
| スポーツ(その他) | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
カスイチ190101
「カスイチ」という言葉を初めて知ったのは、茨城県知事が「カスイチと呼ばないで」というwebの記事でした。

霞ヶ浦一周を自転車で回ることが、カスイチと呼ばれているようなのです。
調べてみると、管理道路が一周あり、それも綺麗な舗装がされているとのこと。高低差もほとんどない。
霞ヶ浦大橋でショートカットすると90km、しないと120km。

年末年始の帰省の際にすぐ近くに行く。
霞ヶ浦の周回道路は何度がランニングをしたことがもある。

なので、今回はカスイチをするべく、富士見においてあるバイクを持って行きました。
12/31に帰省して2泊するから、中日の1/1に。下記はそのコース。帰省先近くの公園がスタートとゴール。
時間の関係もあり、ショートカットを選びました。

続きを読む >>
| スポーツ(その他) | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
大山阿夫利アドベンチャーレース(2018)
先週末、2度目となるアドベンチャーレースに参加してきました。
去年の記事はこちらですが、去年とコースなどが全く違った。
これぞ、アドベンチャーレースというところでしょうか。

スタート前に地図を貰い、初めてどのようなコースなのか分かる。
チェックポイントを確認する間も無く、スタート。
そして、スタート後はチーム3人で連なり、スタート地点の周囲をスキップで回る・・・・
先頭はバイクのホイールを持って。少しの登りもあり、結構厳しい。
距離を見ると550mほど。こんなにスキップしたことはあったでしょうか。
スタート地点に戻り、タイヤからチューブを外し、空気を入れなおしてから出発。
最初バイクでCP7まで周ります。


下記がコース。
こんなところを自転車(担い)で登るのか!という場所があります。

続きを読む >>
| スポーツ(その他) | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/9PAGES | >>