2020年
2020年か。

21世紀になってから20年。

随分遠くに来たものです。

そして、今年は年賀状は作れず、寒中見舞いとなります。
今年もよろしくお願いします。

| 日々 | 07:32 | comments(0) | - |
次世代住宅ポイント
また、出た。



消費税増税に伴う着工減を補うための補助金。
2018年12月21日に閣議決定され、その年度末に予算成立となっています。

ここでも同じことを書いていますが、一年こっきりの制度のために行政も申請する僕たちも膨大な作業。
初めて(もちろん)の申請だから資料を全部目を通すことが必要。

一番不得意な事務作業をしなくてはならない。
続きを読む >>
| 建築(その他) | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
人と建築展
あ、建築って書いてある。

そうです、ここは山とかランニングの運動ブログではなく建築設計事務所のブログです。

もう一月ぐらい前になりますが、北区十条のギャラリーで「人と建築展」10月バージョン10月11日、12日、13日に出展してきました。

何かと言うと、そのギャラリーを改装した工務店が主催となり、気になっている設計者に声を掛け、月ごとに人が変わり展示をしてもらっているとのこと。
工務店は建栄という北区にある会社です。
そんなことで、僕に声が掛かり、何のことかわからなかったのだけど、富士見まで説明に行くと。
そして来てもらって、説明を受け、たまたま8月に近くに行く用事があり、その展示を見て、上記のことが分かったのです。
展示品については自腹だけど、他に費用も掛からないと言うし、せっかくなので出展することに。

僕で5回目とのことです。

一応、「人と建築展」と言うのだから、何か人について言及する展示をと、思ったのですが、そもそも人ってなにか分からない。
分からないのに、何か分かったように展示するのは偉そうでいやだ。

なので、建築の材料を展示することにしました。
富士見に来てから、「カタログ」を見て決めるのではない材料を随分使っていたこともあります。
石、土、木など。

物は店(カタログ)にある訳ではない。
下の写真はチラシと前口上。



続きを読む >>
| 建築(その他) | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019村上・笹川流れ国際トライアスロン大会
2015年以来の参加になります。

しばらくトライアスロンの大会に出ていないな、と思っていた今年。
最初は家から一番近い野尻湖のトライアスロンに出ようかと思っていました。
しかし、今年も分水嶺トレイルへの参加が決まり、その野尻湖は分水嶺の1週間前。さすがに厳しいだろうと野尻湖のエントリーを見送っていたのです。

そして、例年村上は地域の「道作り」と日程が重なるのですが、何の気なしにHPを見たところ9月末ではなく中旬に日程が変更になっていました。それでは、とエントリー。
その段階(5月ぐらいだったかな)ではちゃんとトレーニングをして、目標の2h30m切りをしようと思っていました。
しかし、全く出来ず(毎度毎度だ)

なんと、7月に分水嶺トレイルを「歩いた」あと、全く運動せず。
やっと、8月に一度現場までバイクで往復50km。そうしているうちにもう大会まで10日あまり。

さすがにやばいと、ランニングを2日16km。バイク3日で45km。プールで1500m。4日前にランニングで8km.。
ランニングの1日とプールを除いて、全て買い物と現場の往き帰り。


これで大会に出るなんて、ほんとふざけてますよね。
なにせ、「ちゃんと」泳いだのは前回のトライアスロン以来という体たらく・・・・・・・・・・
続きを読む >>
| スポーツ(トライアスロン) | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
分水嶺トレイル2019(3日目)
起床は23:00。
細かい雨は降っているが、本降りにはならなかった。
参加者の1人なのだろう、ツェルトを張らずにベンチに横になっている人もいる。
何人かは食事の用意、お湯を沸かしている。
こんな時間に何かしているのは分水嶺の参加者です。

そして、国師ヶ岳の前から前後を歩いていた今年初めての参加者(ソロ)の人と一緒にスタートすることにしていました。その彼が地図読み区間へ至るまでの情報をあまり持っていなかったし、俺も瑞牆山までの登りが不安だったから。
出発は24:00。
今年、主催者からの情報はあえて、制限していたようで地図読み区間は去年の情報ほど細かいことは載っていない。与えられた情報だけでは、とても難しかったと思う。与えられた情報を基にに自分で細かく調べる、ないし試走をすることが必要だったでしょう。

僕はといえば、初日に地図を失くしていたけど、ここまでは普通の登山道。昨年の記憶もあるし問題はなかったがこの後地図読み区間がある。信州峠まで行けばもう地図は不要になると考え、去年迷ったあたりの地図をスクリーンショットで撮っておいた。


そして、復習。
去年地図読み区間で間違えたところの画像を見る。

今年、この間違えたあたりでは木が伐採されていて、風景が随分と変わっているよう。

そして、水問題。去年は富士見平で水を満水にしたけど、今年は暑くないし、地図読み区間に入る前の沢で水を汲めるとのこと。
瑞牆山の上りは結構きついし、富士見平の水場が遠くなっている(?)ので満水にはせず。
予定通り24:00頃2人で出発。去年、藪漕ぎをしてしまった瑞牆山へ。
相変わらず、細かい雨は降っている。
続きを読む >>
| スポーツ(その他) | 03:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/103PAGES | >>